このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


古代包丁鍛冶を奉納 - 春日大社式年造替奉祝行事

2015年8月4日 奈良新聞

炎天下、1000度の炉を前に鍛冶師らが伝統の技を披露=1日、奈良市春日野町の春日大社

 春日大社式年造替の奉祝行事として、1日、菊一文珠四郎包永(奈良市雑司町、柳沢育代取締役社長)が主催し、和包丁職人5人による古式にのっとった包丁鍛冶が奉納された。1000度の炉の火の粉が飛び散る「火入れ」や柄付けの実演があり、招待客や参拝に訪れた人々が息を飲んで見守った。

 奈良は刀鍛冶の発祥の地とされ、鎌倉時代中期に始まった手貝包永(てがいかねなが)と呼ばれる鍛冶集団の技術は、その子孫らによって江戸時代、奈良から泉州・堺に移り、伝統的な刃物鍛冶を伝えたとされる…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

政治学校 休眠続く - 再開準備も未着手/自民県連[2018.02.19]

特大いちご春の味 - 橿原の農園収穫ピーク写真付き記事[2018.02.19]

日干番茶で町おこし - 町商工会有志が製品化写真付き記事[2018.02.19]

吉中さん(作文部門)ら表彰 - 秀作ずらり、JA各種コンクール写真付き記事[2018.02.19]

生活支援 拠点施設 など建設のために - チャリティー展示販売会/24日からイオンモール大和郡山で写真付き記事[2018.02.19]

村島さんら村長賞 - 「ありがとうを伝えたい人へ」エッセイ写真付き記事[2018.02.19]

県勢、決勝届かず - 奈良育英、県初3位/近畿高校バスケ 新人大会写真付き記事[2018.02.19]

高い県内罹患率 特に南部や奈良 - 「結核」なお警戒[2018.02.18]

奈良発、新ビジネスを - 森さん知事賞/県コンテスト写真付き記事[2018.02.18]

ガイド、技と心で - 露木さん(桜井)最優秀/NARA観光コンシェルジュ アワード写真付き記事[2018.02.18]





おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ