このページでは、Javascriptを使用しています

社会


現在位置:トップページ> 社会> 記事


古代包丁鍛冶を奉納 - 春日大社式年造替奉祝行事

2015年8月4日 奈良新聞

炎天下、1000度の炉を前に鍛冶師らが伝統の技を披露=1日、奈良市春日野町の春日大社

 春日大社式年造替の奉祝行事として、1日、菊一文珠四郎包永(奈良市雑司町、柳沢育代取締役社長)が主催し、和包丁職人5人による古式にのっとった包丁鍛冶が奉納された。1000度の炉の火の粉が飛び散る「火入れ」や柄付けの実演があり、招待客や参拝に訪れた人々が息を飲んで見守った。

 奈良は刀鍛冶の発祥の地とされ、鎌倉時代中期に始まった手貝包永(てがいかねなが)と呼ばれる鍛冶集団の技術は、その子孫らによって江戸時代、奈良から泉州・堺に移り、伝統的な刃物鍛冶を伝えたとされる…

記事の詳細は本紙をご覧下さい ⇒ 【 奈良新聞を購読する 】


最新ニュース

夏の健康お願い - 大神神社で茅の輪くぐり写真付き記事[2017.06.23]

来年中に行政代執行 - 安全対策含め県/生駒の盛り土[2017.06.23]

唱歌・童謡を次代へ - 奉納コンサートなど写真付き記事[2017.06.23]

3/主食 1/主菜 2/副菜を弁当に - 奈良佐保短大で体験学習写真付き記事[2017.06.23]

連携で新たな取り組みを - 県中小企業診断士総会写真付き記事[2017.06.23]

「北和城南古墳」の銅鏡など出土地判明 - 奈良博が報告書 資料価値アップ[2017.06.23]

進む「ごみ処理広域化」 - 県、奈良モデルで促進[2017.06.22]

行方不明者281人 - 44%増、過去最多/28年[2017.06.22]

天川ブランド全国に発信 - “ほんまもん”大集合写真付き記事[2017.06.22]

心打つ音色響かせ - 堤剛さん、萩原麻未さんデュオリサイタル/ムジークフェストなら2017写真付き記事[2017.06.22]



PR



おすすめサイト

会社概要採用情報新聞購読出版情報個人情報保護特定商取引法に基づく表示サイトマップ